自費診療価格表

  • HOME
  • 自費診療価格表

自費診療価格(消費税込)

美容外科(手術)

治療期間:7日~10日
副作用:軽度の腫張、皮下出血斑など

初診 カウンセリング ¥5,000
再診 カウンセリング ¥1,000
二重まぶた 埋没法(両側) ¥60,000
   (片側) ¥30,000
切開法(両側) ¥120,000
   (片側) ¥60,000
鼻形成 小鼻縮小 ¥30,000
シリコン除去 ¥50,000
しわ取り 上眼瞼(両側) ¥90,000
   (片側) ¥45,000
下眼瞼(両側) ¥120,000
   (片側) ¥60,000
乳房部 乳頭縮小 ¥90,000
乳輪縮小 ¥100,000
外陰部 小陰唇縮小(両側) ¥80,000
     (片側) ¥40,000
刺青 大きさによる価格設定となります。

美容皮膚科

○レーザー脱毛について
当院では、CANDELA社の新しいGentleMAX PROレーザーを使用しています。
これは1台でロングバルスアレキサンドライトレーザーとYAGレーザーの2種類のレーザーが出る仕様になっているので、それぞれの利点を踏まえて、種々のタイプの脱毛が可能です。
また、このレーザーは、顔全体に照射することで肌をきれいにするレーザーフェイシャルにも優れていて、かつ患者さんへの負担も少ないため、当院ではこのレーザーを使用しています。

○美容作用
①顔全体に多発するそばかすのようなしみや肝斑様の帯状のしみ、目の下のクマ様に見えるくすみなどを除去する作用があります。これはもともと脱毛レーザーがこのような色素沈着の治療を目的として開発されたためでもあります。
②真皮のコラーゲンに作用し活性化させます。その結果として肌のきめが細かくなりかつ、肌のハリがでてくるので、縮緬しわや表情しわのようなまだ固定されていない浅いしわに有効で、いわゆるエイジングケア作用があります。
当院では高濃度ビタミンCのイオン導入と合わせて、リフトアップレーザーとしておこなっています。
③もちろん脱毛作用もあるので、毛穴がほとんど目立たなくなり、顔の剃毛が不要になるので、化粧のノリが良くなります。
④レーザーの熱による殺菌作用と皮膚の血流が良くなるための抗炎症作用のため、ニキビや軽度の湿疹などにも有効です。

○治療回数
レーザーによる減毛作用は、エステでの光脱毛などに比較して、短期間で認められますが、それでも最低6~7回の照射が必要です。
いわゆるつるつるになるまでの回数は、かなり個人差や脱毛部位による差がありますが、一般的に年齢が若い方ほど回数がかかる傾向があります。
10代の方の脱毛は、通常より回数がかかる旨の保護者の方の同意と了承を得たうえでないと行いません。

○治療期間
脱毛施術の間隔は毛の生え変わる周期に合わせて、6から8週間が望ましいので、およそ1年半から2年くらいの治療期間となります。

○副作用
脱毛後に焼却された毛が、皮内に一時的に残存して異物反応として、ニキビ様の毛包炎を起こすことがありますが、新たに成長してくる新しい毛により排出されるため、特に治療を行うことはありません。
まれにアレルギー反応と思われる膨疹が施術直後に下腿などにでた例を経験しましたが、アレルギー反応を抑制する内服と軟膏外用などで特に問題無く、脱毛を終了しています。

カウンセリング料

初診 ¥3,000
再診 ¥1,000

しみ

レーザー(Qスイッチアレキサンドライトレーザー)
しみ(1平方cmあたり) ¥5,000

ホクロ除去

(大)1個 ¥5,000
(小)1個 ¥3,000

刺青除去

レーザー(Qスイッチアレキサンドライトレーザー)
大きさによる価格設定となりますので、ご相談ください。

リフトアップ(表情じわ、ちりめんじわ、ほほのたるみ、瞼のたるみ、毛穴の開き、ニキビ跡などに)

リフトアップレーザー
リフトアップ(全顔) ¥7,000
リフトアップ+イオン導入 ¥10,000
タイトニング ¥10,000

レーザー脱毛

1回目 ¥8,000
2回目 ¥6,000
3回目以降 ¥4,000
10回目以降 ¥2,000
下腿 ¥15,000
ビキニライン ¥8,000
顎・口・頬 ¥8,000
男性ひげ(顎・口・頬全部) ¥10,000
部分脱毛(口のみ、頬のみなど)も相談可能です。
前腕(肘から手首まで) ¥10,000
上腕(肩から肘まで) ¥10,000
大腿 ¥20,000
背中 ¥20,000
両手指 ¥5,000
部分の脱毛も行っています。

ピアス

ピアス(チタンファーストピアス込み) ¥6,000
ピアス(持参) ¥3,000

○期間/回数
一度穴を開けてから、1ヶ月間はピアスを外さずに、消毒液で消毒を行ってください。
○副作用
まれに出血したり、感染を起こす場合があります。